日々つらつら(diary)

2005 5月24日(火) 大阪京都から帰宅
京都から乗って新幹線は21時半に東京駅に到着。5日ぶりの東京は寒い雨でした。
中央線1本で5駅で着いてしまえる上、カルマは多少の雨なら「えい、はしれ!」って距離。お店はいつものようにまったりしてお客さん2組がそれぞれに話し込み、今回私の3日のシフトを変わってくれていた山本さんがいつもの通りキッチンで仕込みをガンガンこなしてくれていた。「おかえり〜〜」ほっぺが赤い。彼女は箱入り娘ならぬ酒入り娘なのである。酒が入っていてもまかせて安心、山本さんありがとう。もちろん他のスタッフみなもありがとう。
今回は食いに食った。食い過ぎで体調崩した。4日目の京都は1/3ほどホテルで寝込んでしまった。
私の地元が阪急宝塚線なのでたまたま今号の関西地区の情報雑誌(東京でも大きめの本屋なら売ってます)「SAVVY」が北摂特集で調べてみると箕面(みのう)の桜井駅付近にwarm.って雑貨屋カフェをみぃつけた!土日しかやっていないらしいし電話番号もなくてやっているか不安だったけど、ちょうど地元在住の親友とあう約束が土曜日だったので行ってみた。「桜井市場内」という住所で駅降りてすぐの「桜井マーケット」に入ったけどそれらしい気配もなく、線路超えてR171に出て左に歩いて諦めかけたらあった!桜井市場!入ってスグがwarm. かわいい!もったいぶってひとまず入らず市場をぬけたみた。本当に細い小さな商店街で(ちなみに始めに間違えた桜井マーケットも細くて小さいけどもっと小さい!)昔からある魚屋や果物屋、締めて閉まったらしいシャッターのおりたお店。それらが点在する間間に若者たちがギャラリーやら雑貨店をポツポツひらいていっている。これから発展してくのかな?してくといいなぁと思わせてくれる一角でした。
warm.はある意味で想像と違ってたけど実にかわいい好みのお店!あたり!でした。
今回の帰郷でわざわざ来たかいあった店の一番かも。
http://www.h4.dion.ne.jp/~monpa   がwarm.のHPです(リンクまっててね)
近くに「やぎしょうてん」って素敵な雑貨屋さんもありました。
http://www.k3.dion.ne.jp/~otetudai/
マニアックで大阪でもちょっとローカル的な桜井はおすすめ!
ざんざん雨がふっている東京。あしたは朝からケーキ作りがんばろう。 めぐ
2005 4月16日(土) 
昨日仕事の後セツ展の搬入に行った。半年ほどセツに行ってない。久々の学校は夜のせいもあって何となく他人顔。時代は小さくも確実に動いていて、当たり前のようにそこにいるのだ。自分が少しだけ時間からはみだす。
去年の9月に月光荘で個展をやって自分の絵の限界を見たような気がして「もう描かない」と思って絵の具も押し入れにしまった。ひとの絵を見ると自分の絵は全然ダメだなと思えてしまった。もう私とは関係のないもの。
しかしウナカメで恒例の公募展に出してみようかと思ったら描くことにまたはまった。セツ展も今年も出してみようと思ってギリギリ描き始め、ちょっとだけ新しい絵が生まれた。世界がうまれた。楽しかった。いつもは必死で描いて苦しかったり悩んだり絶望したりしていたのに今回は楽しかった。評価を気にしないで自分の絵が作れた気がする。でもやっぱり気になる審査結果。この数日は何となくうなされながら眠っている。
2005 4月1日(金) エイプリルフールって日
朝からよく晴れていたけどだんだん暗〜い雲行き。はりきって出勤したのに
なに??ライフに買い物に行ってたらめちゃめちゃしんどくなってきた。オープンまでに回復する?店長に助っ人頼むかと言われたけどきっと帰って寝ててもしんどい。だったら仕事で吹っ飛ばせ!気合だ〜〜!!!多分めちゃめちゃ血圧が低い、暖かいはずなのに寒い。少しだけ座って休んで身体のスイッチを押し直してカレーの仕込みにはいった。来客はどよんどよんの入り。この頃ひまだなぁ。何とか80%回復した。薬があわないのか今朝薬をのみ忘れたからか判らない。1月、正月早々に心不全を起こして動けなくなってステロイドを飲み始めたけど、ある意味で身体は楽にもなったけど弱ったな、と実感する日々。少量しか飲んでいないけど怖い薬だ。薬をきらして1週間でがたんと体調が悪くなった。2年半ステロイドを拒み、漢方薬で対応してきたことが全部振り出しにもどった。これからどうしようか。
来週から撮影が始まる。今回は68食、3日で終われるかな?がんばろっぜ
2005 3月31日(木)明日から4月だなんて!
月曜火曜と体調バツ!の日だった。月曜からじんましんを悪化させていつもなら1日寝ればケロリとしているのに火曜は午後から再びじんましんにやられた。気分は落ち込みいらいらして精神不安定になる。バツの日は罰の日かと思うくらいに不快だ。火曜の夜は毎週火曜日の夜10時からママカフェでおいしいごはんを出してくれているjunjunさんの企画のライブ、今回はアコーディオンのるつこさん以外に洗濯板やバケツの日曜雑貨で作った楽器を演奏してくれる人たちとで結成した「さくらんぼオーケストラ」の賑やかな夜だったしjunjunの洋風ちらし寿司もおいしかった!ライブが終ったら久しぶりににぎやかな団体知人客が押し寄せ、カルマ店長の誕生日もあったりしてさくらんぼオーケストラは演奏のサービスをたっぷりして床が抜けんばかりの大騒ぎだった。ひさしぶりのメンツをみて楽しかった。が楽しいのすき間隙間に不調は混ざりこみ続けちょうどライブに顔を出したともちゃんにタッチして逃げるように帰宅した。こういう日は歯がゆい、楽しいことも楽しめない。家につくと真っ暗のまま半べそでいつもより強めの眠剤と安定在を飲んでお風呂に入ってふとんに潜り込んだ。意識が飛ぶほど眠ってしまいたい。眠れば治まっていることが多い。けどかゆみはひつこく夜中に強いかゆみで再び目がさめ泣きそうだった。自暴自棄!こういうことを言うんだなぁ。本当にそんな心境。記憶がなくなるくらいに強烈な睡眠薬がほしいとこういう時は思うし体中の神経が麻痺すればいいのにとも思う。でもさすがに眠剤が効いてはいるらしくいつの間にか再び眠っていて穏やかな朝が来ていた。よかった治まった。いつもの朝。
今日は昨日よりも暖かい。一日進むごとに春がふくらむ。朝目覚めたら6時だった。昨日のお休みに絵を描いていてなんとなくいい気分でもう一枚描こうと思った。出勤は10時すぎ、ブラウニーを焼いてトーストにミルクティ飲んで昔描いた絵を潰すのにジェッソをパネルにぶちまけた。…..けどあんまりいい
調子では進まなかった。ぱたぱたと出かける準備をしてカルマに向かった。
この季節は道の途中の家々の庭先に春の花を見つけて楽しい。見事な白梅や赤ちゃんの顔ほどある真っ赤な山茶花や迫力満点で圧倒されるほどのモクレンの
白い満開の花。毎年この花たちを見上げて思う、来年の私、どうしているのだろうな。
2005 3月8日(火)暖かい春の日
子供の頃からアレルギー性鼻炎だった私は未だに「花粉症」ということばに違和感を感じて自分は違うのだと思ってきたけど。
ここ一か月顔に湿疹が出てみるみる増え悪化し痒いし見た目にもぼろぼろで化粧しなきゃ赤くてぶつぶつが目立つし化粧すればぶつぶつにファンデーションが諸々に顔中点々とかたよりこれもまたひどい!花粉症??マスクして隠してしまおうか??街は春のかわいい洋服や靴、アクセサリーが並び心うきうきする季節に向かっているのに、私はあまりにも人に見せられない顔が気になって足早にこそこそ人混みを通り過ぎている。かなしすぎる!
料理雑誌の仕事が終盤に差し掛かっているけどまだまだチェックと手直しにしばらく追われそう。パソコンに向かう仕事に慣れない私はストレスで異常に食欲旺盛になっていて、とくに甘いものが欠かせなくなってしまった。この過剰なおやつも顔の湿疹の原因なのだとも思いながらやめられないよぉ!
2005 3月3日(木)夜は雪だと言うが 晴の朝
撮影は結局2週間に渡ったけど無事に終了した。途中土日に2回づつお休みがあったけどレシピ起こしと食材と足りない食器やカトラリー探しの買い出しと翌日の段取りとメニュープランにおわれた。けど自分のペースでサイクルをくめるからそういった意味で休めたかも知れない。朝8時ぎりぎりに店に着くともう店は開いていてスタッフ復帰のともちゃんがコーヒーを入れるポットの湯気の中から「おはようございます」とにっこりしてくれる。私は自分の今日の料理のだんどりとか自分の頭のせいりだいっぱいだからともちゃんの準備万端には本当にホッとする。まかせてていいのだ。ともちゃんは機転がきくから「これ切って、茹でといて」とかいろいろ任せられる。とにかくか仕事が早いからずいぶん助けられた。今回はカルマスタッフに本当に支えられた。ぴりぴりしがちな私に存在だけでさっちゃんはなごませてくれるしとにかく私にだけではなく撮影のスタッフにもきちんと心配りができて絶妙なタイミングでコーヒーやお茶を入れて出してくれていた。先に先にいろいろ用意しておいてくれるからスムーズに進めた。雪や雨の日にあたって買い物のし直しやウナカメ出張で本当に御苦労様のわかちゃんやたんたんと頼んだことをこなしてくれるさきちゃんや、とにかくめちゃくちゃに散らかったまな板付近や冷蔵庫の中の撮影済みの惣菜たちの整理とかをかたづけたり切り盛りをしてくれて夜の営業をしっかりやってくれる山本さんやあみかちゃん、それから「はぁ??」って思うよな斬新すぎるメニュー案をだして、半信半疑で作ったら撮影スタッフからやけに「おいしい」とうけたりしながら全体総合のバックアップをしてくれた丸山店長。みんなありがとう!
まだレシピ起こしとか料理本番からはずれて仕事がいっぱいあるけど先はもう直。がんばろう!今日は久々にカルマのいつものお仕事。いってきます.。そういえば撮影最終だった1日は誕生日だった。ゆっくりする頃には日付けが変わってたな。まぁいっか
2005 2月8日(火) 寒い雨降り
「とりあえず100のメニュープランを挙げて下さい」編集者さんに言われここ数日頭の中はメニュー案でこんがらがっている。日頃即興で作ることの多いお惣菜を具体的に挙げてこの先試作してレシピを立ち上げる。大さじ小さじ???カップ何㎖??そんなこと考えてつくってないよ。「うん、この味。おいしい」自分の舌がすべて。100組み立ててパソコンに打ち直してメールで送った。お昼ゴハン食べてないのにそれだけであ〜〜なんだかお腹がいっぱい。この頃菓子パンとか甘いお菓子が食べたくて仕方ない。お惣菜やゴハンは頭で一杯食べてるからか?
2005 1月27日(木) つめたい冬のはれ
今日の昼のカルマはまったくのんびりだった。最近スーツ姿の男性客がランチに来てくれることが増えた。今日も上司と部下っぽいコンビで二人揃ってオムレツライスを食べていってくれた。OL風やスーツの人が来るとすこし焦る。限られたお昼休みに来ているのかも知れない。タイミングや注文の内容でとんでもなく待たせてしまいかねないから。今日は寂しいくらいのんびりムードだったから焦らないですんだ。
昨年のクリスマスあたりにカルマの壁ギャラリーで絵を展示してくれた人が お祝に届けられたポインセチアやゴールドクレスト、シクラメンの豪華なアレンジメントを
店に残して行ってくれた。ポインセチアたちは居心地がよいらしくすくすくのび繁っている。もともと暖かい国、メキシコの花だと先日テレビで知った。毎年クリスマスの時期に飾られるから寒さに強いと思っていたけどちがった。暖かい室内の日なたが好きなのだ。年が明けてもうすぐ節分だというのに赤、ピンク、しろのすくすく育つポインセチアたちでカルマはいつまでもクリスマスのようだけど、花や木が育つって
なんだかいいなぁ。
1月28日(金)店の中から見える外は気持ちよさそうだった。寒い日やうんざりくるほど暑い夏の日は外を行き交う人々の顔は険しく,暖房なりクーラーなりのかかっている店の中からホッとしながら外を眺めている。けれど春や秋の気候のいい日中は本当に仕事をほっぽり出してどこかにゆきたくなる。海が大好きな私はそんな日、鎌倉の由比が浜のことを思ってうずうずしてしまうものだ。波の音ってなんであんなにも
飽きないでいられるのだろう。ただ砂浜にすわってぼ〜っとするだけなのだけど。
今日はランチのオープンからほどなくして女の子二人組が続けて2組、だいたいごはんを食べてお茶やケーキを食べながら話し込んだりまったりしていってくれるのだけど今日の人たちはけっこう早かった。花曇りのやさしい日射しのおもてを眺めながら
「そ〜だよねぇ、こんな天気の日はぶらりと外歩きの買い物にでも出かけたいよね」
ため息のように店長に話し掛けた。
「来週はかなり厳しい冷え込み!」仕事をあがって家にかえってつけたテレビから聞こえてきた天気予報の声。春はどこまで来ているのかしら?

コメントを残す